WEB予約


  1. HOME
  2. レストラン
  3. 朝食バイキング
  4. 小菅農園の有機野菜

小菅農園の有機野菜

小菅薫さん(左)と息子の浩之さん(右)小菅薫さん(左)と息子の浩之さん(右)
 現在、私たちの食卓には季節にかかわらず、様々な種類の野菜が並びます。これは農薬、化学肥料を活用し大量生産が可能になったことや地球レベルの流通革命による季節に束縛されない野菜の供給が可能になったことによる恩恵でしょう。その反面、旬の野菜を旬に味わう楽しみの喪失、また生産者が見えないことによる食の不安(農薬や肥料内の環境ホルモンや化学物質の影響)などのデメリットも問題になっています。ホテルソガインターナショナルの食卓ではお客様に安全で旬な野菜を旬にお出しできるよう、ホテルの料理長のガイダンスのもと、近郊で有機野菜を栽培されているパートナーの小菅さんにご協力を頂いています。有機野菜の栽培は除草剤や殺虫剤などといった農薬や安価な化学肥料が使えない為、草取りや害虫駆除を始めとした手間と時間が多くかかります。また姿形も不揃いで大小様々になってしまう場合も多く、自然にまかせて栽培するため作付け期間も限られており旬の野菜を提供するという形になってしまいます。しかし、安全で旬の野菜を旬に食すということが一番健康に良いのではないでしょうか?

小菅薫さんの紹介

小菅さんは当館内に飾られている水彩画家 不破章のお弟子さんの一人で、現在は袖ヶ浦市に在住し、先祖伝来受け継がれた30アール(1000坪)の畑で安全で美味しい有機野菜を栽培しています。

小菅薫さんのお話し

「私たちは地域に合った物を生産し、地域の活性化に繋げるよう心がけています。防虫は極力農薬を使用せず主に木酢液、焼酎、酢等混合液(ストチュウ液)の散布による栽培を行っています。除草剤は全く使わないため、夏の草刈りは朝の4時から6時、夕方の4時から7時の間に行っています。また、稲作で出た藁や籾殻も畑で活用できることが有難いです。」

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
じゃがいも         5月上旬~6月中旬            
たまねぎ         5月上旬~6月中旬            
かぼちゃ               8月上旬~10月中旬    
さつまいも                 9月中旬~11月上旬  
小松菜 11月上旬~2月上旬                 11月上旬~2月上旬
春菊 11月上旬~2月上旬                 11月上旬~2月上旬
大根                     11月上旬~1月中旬
落花生                   10月上旬~11月中旬  
オクラ               8月上旬~10月上旬    
トマト             7月上旬~10月上旬    
きゅうり             7月下旬~10月中旬    
インゲン             7月下旬~10月中旬    
水菜 11月上旬~2月上旬                 11月上旬~2月上旬
根生姜                 9月上旬~11月上旬  
サヤエンドウ     3月上旬~5月上旬              
そら豆         5月上旬~6月上旬            
        5月中旬~6月上旬            
甘夏みかん       4月中旬~5月下旬              
はやとうり                   10月上旬~11月上旬  
九条葱・九条太                 10月上旬~11月上旬    
にんじん                     11月上旬~12月中旬
カラーピーマン             8月上旬~10上旬月      
なす               8月上旬~10月上旬    
ほうれんそう                     11月上旬~12月下旬
ふき     3月上旬~5月上旬              
TOP